勃起力低下の原因とは?!ペニスを硬く・太くする方法

勃起力低下の原因とは?!ペニスを硬く・太くする方法

年齢を重ねるごとに体質は変化していくものですが、男性の場合にはその症状が顕著にあらわれてしまうことがあります。
その中でもとりわけ注意が必要になってくるのが勃起力の低下です。
勃起力が低下してしまえば、SEXの最中にパートナーの女性を十分に満足させられないままことが終わってしまうこともあります。
また、パートナーだけでなく自身の進退にも何かしらの悪影響が出てしまうこともあるのでとりわけ気を付けていかなければいけません。

では、こうしたペニスの衰えを改善していくためには具体的にどうすればいいのでしょうか?勃起力を取り戻すためにはまず、ペニス周辺の筋肉や血管を鍛えていく必要があります。


一度のトレーニングでそれらを鍛えることができるというわけではないので、いくつかのトレーニングを組み合わせて毎日継続していくことが大切です。

硬く太い状態のペニスはそれだけで男性らしさを強調することが出来ますし、何よりSEX中のトラブルを未然に防ぐことも可能になっていきます。


パートナーである女性の満足度をアップさせていくために、そして男性力をアップさせていくために、まずは症状を引き起こしている原因について知っていくことからはじめていきましょう。
具体的な原因を知ることで対処方法も明確になっていきますし、それぞれの症状にあった方法で改善が可能になっていきます。

勃起力が低下する原因

そもそも、勃起力が低下してしまう原因にはどういったものが挙げられるのでしょうか?

勃起力が低下する原因1…加齢

まず最初に挙げられるのが加齢によるものです。
人間は誰しも老いていくものですが、それはペニス内の血管、周辺の筋肉、細胞でも同じことです。
加齢とともに細胞自体が弱っていき、勃起を維持するために必要な機能も低下してしまっているわけです。

 

勃起力が低下する原因2…ストレス

そして次に挙げられる原因が日々のストレスによるものです。
仕事や家庭でつもりにつもったストレス、毎日適度に発散していれば問題はないのですが、それが出来ない人は特に注意が必要です。
ストレスがたまりすぎてしまえば必然的に体調にも変化があらわれます。
極端なケースであれば日々の疲れによって日常生活にも支障がきたすほどの症状があらわれてしまう人もいます。
こうしたケースに陥る前に対処していくこと、これが勃起力をそれ以上低下させないためのポイントにもなります。

 

勃起力が低下する原因3…血行不良

この他、症状を引き起こす原因として挙げられるのが血行不良です。
日々の疲れや加齢による影響もありますが、元々の体質で血流が悪い人の場合には注意が必要です。
そもそも、男性が性的興奮を覚えるとペニス内の血管が拡張して、血流が促進していきます。
ペニスが十分な硬さ、太さをキープできるのはこの血管の拡張、血液量の増加が関係しているわけです。
勃起力が低くなっているという事はつまり、血管が拡張しにくく、そして血流が悪くなっているという事、これがさらなる悪循環を招き状態を悪化させていくことになります。

勃起力が低くなる原因は何も一つだけという分けではありません。


基本的にこれが原因だと断定することは難しく、先に挙げた候補のうち複数が該当して初めて症状があらわれるというケースが大半です。
実際に症状があらわれているという人はまず、自分にはどの原因が当てはまるのか、チェックしていくことからはじめていくといいでしょう。
ある程度原因がはっきりしていれば次の対処がしやすくなっていきますし、症状改善にも役立っていきます。

 

ここからは勃起力の低下する原因を詳しく説明していきます。

ストレスで勃起力が低下

人間はストレスがたまると自律神経が乱れやすくなっていきます。
通常、人の体の中では副交感神経と交感神経がバランスを保ちながら存在しています。
交感神経は興奮している状態で優位になり、副交感神経はリラックスしている状態で優位になります。
そして疲れが多くなると交感神経が優位になりすぎてしまい、必然的に勃起が促されにくい状態が作られます。

この二つの自律神経のバランスが乱れてしまうと自律神経失調症など重大な精神疾患を引き起こす可能性も出てくるので注意が必要です。


それこそ、日々のストレス、疲れの積み重ねによって症状が引き起こされることもあるので、実際に疲れを感じている人は気を付けておくに越したことはありません。

また、この自律神経系をつかさどる器官の近くには、ホルモンバランスをつかさどる器官も存在しています。


そのため、ストレスによって自律神経のバランスが乱れることでホルモンの分泌量にも影響が出てしまうことがあります。
ホルモンバランスが乱れてしまう、つまりは男性ホルモンの分泌量が減ってしまい、勃起力が低下してしまうというわけです。

ストレスが日々積み重なってしまう現代人にとっては要注意の問題ですが、さすがに毎日の仕事、家庭での作業を一切行わないわけにはいきません。


社会の中で生きていくためには多少のストレスは避けられませんし、ストレスとなりうる環境をすべて取り除くわけにはいきません。
そこでポイントとなるのは、いかに日々の生活の中でストレス発散ができるのかという点です。
趣味に没頭するのも一つの手ですし、適度な運動を行うことでプラスの効果を得られる場合もあります。
それぞれ自分の体質や趣味嗜好に合った方法でストレスを発散していくといいでしょう。
たったこれだけのことでも、知らず知らずのうちに精神が病んでしまうという事態を防ぐことが出来ますし、結果的にストレスが原因で勃起力が低下してしまうこともなくなります。

 

加齢で勃起力が低下

加齢によって勃起力が低下してしまうのはどうしてなのでしょうか?最初にも挙げたように、人間は誰しも老いてしまうものですが、それは体の中の細胞に関しても同様です。
また、男性ホルモンの一種でもあるテストステロンという成分の分泌量も減っていってしまうので、結果として勃起力はどんどんと損なわれていくことになります。
20代の比較的若い年代であれば、テストステロンの分泌量も多いのでより男性らしい体つき、精力がキープされています。
これに対して30代、40代、50代となればどうでしょうか?男性ホルモンの量が少ないので体つきは悪くなっていきますし、若いころのように隆々しい肉体をキープするのも大変です。
また精力が衰えてきてSEXの機会も極端に少なくなってしまうことも考えられます。

男性の場合、年齢を重ねるうちに男性更年期障害を発症することがあります。


更年期障害と聞くと女性がなるものなのでは?と思われる人もいるでしょうが実は男性でも症状があらわれることがあります。
男性更年期障害は症状に個人差が大きく、主に40代から50代の男性ホルモンが低下する年代に発症していきます。
精力減退や気力低下、不眠や不安感など女性の更年期障害と似たような症状があらわれます。
人それぞれで症状に違いはありますが、こうした症状が既にあらわれているという人は注意していくようにしましょう。
極端なケースになるとこうした更年期障害と一緒にうつ病などの精神的な問題を引き起こすこともあるので、状況の見極めが重要になっていきます。

加齢は誰しも平等に訪れるもので、そう簡単に避けられるものではありません。


とはいえ、何もしによりは何かしらの対策をしておくに越した事はありません。
勃起力を促していくためにもまずは食生活活の改善、睡眠の質の改善など、生活習慣に変化をもたせていくことからはじめていきましょう。
健康的な生活を送ることが体の老化を食い止める第一歩となっていきます。

 

血流が悪くなり勃起力が低下

血流が悪くなることでも勃起力は低下していきます。
これは加齢に伴う体の変化でもありますが、血管の老化が進み動脈硬化の症状が進行していけば、必然的に血管が拡張しにくい状態になります。
ペニスが勃起する仕組みは先にも挙げたように、ペニス内の血管が拡張して血液量が増えることで硬さや太さをキープしていきます。
血管の状態が悪くなり血行が悪くなれば、必然的にペニスの硬さや太さをキープできなくなるというわけです。
実際に症状があらわれている人であれば、SEXの途中でペニスがなえてしまったり、中折れが起きてしまうなどのトラブルのリスクが高まります。

実際に加齢やストレスによって血行が悪くなっているという人、冷えの症状があらわれてきたという人は要注意です。


そもそも、血行不良が長く続けば健康の面でも支障がでてきます。
風邪をひきやすくなったり、代謝が悪くなって疲れや脂肪をため込みやすくなったり、何かと問題となる点が多くなっていくわけです。
血流が悪くなることでメリットとなることは何もありません。

では、具体的にこうした血流悪化を防止するためにはどうすればいいのでしょうか?具体的な対処方法はそれぞれのケースで異なってくるものの、血行促進のためには適度な運動がおすすめです。


筋トレによって血流を促すための基礎、筋肉を鍛えていくことも大切ですし、ウォーキングやスイミングなど有酸素運動によって代謝を促していくのもいいでしょう。
食生活の改善や睡眠の質を高めていくことでも着実に血行不良は改善していくことが出来ます。

血行不良は一回の対処、トレーニングですぐに改善が図れるというものではありません。


毎日先に挙げた方法で対処していくことで初めて体質改善が可能になっていきます。
血流低下によって陰茎にまで影響が出ているという人はまず、こうした点を注意しながら対策をうっていきましょう。
血流が良くなることだけで勃起力が回復すると断言できるわけではありませんが、何もしないよりはましです。

このサイトで読まれている記事

ヴォルスタービヨンドの効果とは?体験談で発表! ペニスを太くする方法|チンコの太さ増大方法

ヴォルスタービヨンドみたいなペニス増大サプリをはじめて購入する人は、インチキ商品を買わされる・・・

ちんこを太くする方法知りたいですか?もしあなたがチンコサイズで困っているなら、ここで・・・

勃起力低下の原因とは?!ペニスを硬く・太くする方法