粗チンとは?短小ペニスを改善する方法

粗チンって?何cm?

今野
男性器のチンコが小さいことを粗チンといいます。
基本的には平均よりを下回る場合で日本人の場合には平均が12.5cmとされますから、これより短い場合を指します。

ただその程度も異なってくるもので、より小さい場合のみ指す場合があります。


医学的に見れば5cm以下の大きさしかない場合にはマイクロペニスよ呼ばれ、あまりにも短い場合には性交渉時に女性器への挿入が難しくなり子作りに問題が出るため、病院で治療するべきものとされるものです。
一方で、5cm以上の場合にはそれほど問題ないとされますが、それでも問題があります。

女性器の膣の奥行きは7cmから12cmと個人差がありますが、チンコが小さい場合には子宮口まで届かなく、子宮口周辺にあるボルチオ性感帯に届かなくなり女性に対して快感を与えられなくなり性生活で問題になります。

 

このようなことから粗チンの基準としては医学的に見れば5cm以下で、女性に快感を与えられる基準から見れば7cmから12cm以下、見栄っ張りな男性から見れば13cmから15cm以下とされます。
一方でチンコは極端なマイクロペニスを除けばトレーニングすることで大きくすることができるので粗チンを改善することが可能です。

ちんこの平均的な大きさ

チンコの大きさは人種によって異なりアジア人の場合には平均より小さいとされます。

具体的には世界平均は勃起時は13.12cmであるのに対して日本男性は12.5cmとなっています。


粗チンの考え方が平均よりも小さいと考えれば12~13cmより小さければ該当します。
ただあくまでもこれは統計的な考え方であり、実際にちんこの大きさは見た目やセックスをしているさいに女性を十分に満足させられることがポイントになってきます。
つまりセックスで十分に女性を満足させることができず、その理由をチンコに求めた場合に粗チンと言われます。

このようなことになる場合には膣内をチンコで十分に満たす事が出来ない状態であり、女性に個人差があるものの7cmから12cm以下であれば粗チンといえます。


またチンコは性的な魅力を感じるものでもありある程度の大きさや形が整っていることも女性に魅力的と思われるポイントです。
また長さだけでなく太さもポイントで世界平均でみれば勃起時に外周は11.66cmとされます。
これは竿の部分の太さで亀頭部分はさらに大きくなります。

亀頭部分が大きいほど刺激を与えやすくなるメリットがあり、単にチンコがながければ良いものとはいえません。

 

いずれにしても平均的な大きさである12~13cmを満たしていない場合にはセックスのさいにチンコによって満足な快感を与えることが難しいためそれ以外の方法で女性を満足させるといった工夫が必要です。

 

一方で見た目や女性を満足させるといった問題の粗チンのほか、セックスに問題が出るのが5cm以下のマイクロペニスです。
マイクロペニスと判断されると女性器へのチンコの挿入および射精そのものが難しくなり性機能疾患として扱われます。

チンコが小さいことが悩みで美容整形などで治療をする場合には、自由診療となり全額自己負担になりますが性機能疾患とされれば健康保険を使って治療を受けることが可能です。


チンコが小さいことは必ずしも不妊とは関係ないとされますが、射精をするためにはチンコに一定の刺激が必要であり、その刺激を十分に受けることができない場合には膣内での射精が難しく自然な状態での妊娠が難しくなるため不妊原因のひとつとしても考えられます。
なお、マイクロペニスは多くは成長期に十分なチンコの成長が見られない場合に治療が行われるもので、男性ホルモンを補充するといった治療によってチンコの成長を促すといったことが行われますが、成人男性の場合には手術によって大きくする治療も行われます。

粗チンを治療する場合

粗チンを治療するといっても、その状態によって異なってきます。

成長期に十分なチンコの成長が見られずマイクロペニスとなっている場合で、その原因が男性ホルモンの分泌量が少ない場合には男性ホルモンのテストステロンを補充する治療が行われます。


テストステロンそのものは男性の睾丸で作られる男性ホルモンの代表的なもので、これを補充することでチンコの成長を促します。
特に成長期にある男子に対して行われるもので一般の泌尿器科の病院などで治療を受けることができるもので、大きさが足りないと子どもを作ることに問題があるため健康保険を使える場合もあります。

 

一方で成長期が終わった成人男性になってしまうとテストステロンの補充では効果が見込めませんから手術によって粗チンの大きさを改善します。
マイクロペニスの場合には健康保険が使える場合がありますが、多くは美容という観点から行うことがほとんどですから健康保険は使うことができません。
種類としては長径術と陰茎増大術、下腹部脂肪吸引の3種類が知られます。
長径術の場合には、切らない方法があり、切らない場合には糸を使ってチンコを前に引っ張り出すというものです。

一方で従来の長径術はチンコを支えている靭帯を切ることによって引き出すというものになります。


チンコは見えている部分と体内に埋没している部分がありいずれの長径術でも埋没しているものを引き出すというものです。

糸で引っ張り出す場合には糸が吸収されてしまうと元に戻ってしまいますが、比較的安い費用で行うことができます。


従来の靭帯を切る場合にはほぼ永久的に効果が続くメリットがあるのが特徴です。
また下腹部の脂肪吸引は肥満気味の男性に有効な方法で埋没している部分の脂肪を取り除くことで脂肪によって隠れているチンコを出すというもので、これらの方法はチンコの長さを改善することが可能ですが、太さに関しては改善されません。

 

陰茎増大術はヒアルロン酸などをチンコに注入することで大きくするというものです。
ヒアルロン酸は体内に存在する成分ですからいずれは体内に吸収されてしまいますが、シリコン素材のプロテーゼをチンコに入れる場合もありますし、亀頭部分にヒアルロン酸を注入した場合には亀頭を大きくすると同時に長径術ほどではありませんが、長さも伸ばすことができます。
費用としてはもっとも高い部類ですがセックス時に必要な女性に刺激を与えるために必要なチンコを手に入れることが可能です。

粗チンより大きい5cm~10cmの場合

5cm以下のマイクロペニスの場合には、女性を妊娠させる機能に問題があるため治療するだけの価値のあるもので、実際にさまざまな治療法があり選択肢も豊富です。

成長期であれば男性ホルモンの補充方法がありますし、また長径術などの治療を行うだけの価値があるものです。

 

その一方でチンコの長さが5cm以上の場合にはセックス時の女性への刺激が十分に与えられないという程度の問題と捉えられるのが一般的です。
妊娠させる機能があればそれは病気ではありませんし、男女の関係がプラトニックであればそれほど大きな問題になりません。

しかし、セックスは子どもを作るといった行為の他にもコミュニケーションという側面もあり、コミュニケーションとして満足行くセックスを行うことができなければ粗チンは別れる原因にもなるものです。

 

そもそもチンコが小さいことで女性に快感を与えることができない理由は膣の部分にある性感帯への刺激をチンコによって行うことができないというものです。
性感帯そのものは乳房やクリトリスなど複数あり、それらを刺激して気分を高めることで快感を与えることができます。

しかし、最後にはもっとも刺激を受ける膣内の性感帯を十分に刺激できなければ最後まで満足行くセックスができません。

膣内から刺激される場所としてはGスポットやポルチオなどが知られます。


現在ではさまざまなアイテムが売られており、それらを使ってチンコが小さくても刺激を与えることは可能ですが、それでもラストは本物のチンコで刺激を与えられることが上手なセックスをする上では重要です。

 

女性の膣の性感帯としてはGスポットとポルチオがありますが、Gスポットの場合には途中にあり、ポルチオは子宮口周辺に存在しています。

性感帯は個人差があり、感じやすい人もいればまったく感じない人もいますが、チンコがそれらを刺激するのに十分な大きさがあることがポイントです。

このため女性の膣の深さの平均である7cmから12cmは欲しいところです。


またポルチオは突かれることで刺激を受けるものですから長さがポイントになりますが、Gスポットは途中にあるため亀頭が大きく引っかかるように刺激する必要があるため亀頭の大きさもポイントになってきます。
このためマイクロペニスではなくペニスの長さが少し足りないといった場合には亀頭の増大術を利用するのも手段です。

ヒアルロン酸による注入であれば日帰りでチンコを大きくすることもできます。

勃起の大きさが10cm~13cm程度の場合

平均より少し短い程度の場合にはトレーニングをすることで改善することが可能です。

チンコそのものは海綿体と呼ばれるスポンジ状の部分と下腹部からつながる筋肉によって出来ています。

このためトレーニングすることで大きくさせることが可能です。

 

美容整形術では物理的にチンコを大きくするため十分な効果が期待できますが、長径術ではこれらを引っ張り出すことで長くするというものですが、靭帯を切ったり糸で吊り上げるというものであるため、ナチュラルな仕上がりにはなりにくいものです。
このような場合には身体の内側から大きくするペニス増大サプリを利用してみるのも方法のひとつです。

 

日本人男性の平均のチンコの大きさは12.5cmですから、10cm~13cm程度であればトレーニングとサプリメントを使うことで平均値以上にすることができます。
ペニス増大サプリの中には大幅に大きくなると謳っているものもありますが、サプリメントだけで大きくなることはなくトレーニングが重要です。
そもそもペニス増大サプリの成分はシトルリンとアルギニンの2つの成分によってなりなっています。

いずれも普段から食べ物から摂取している成分ですが、シトルリンの働きとしては血流を良くする効果があり、アルギニンは細胞の成長を促進します。

 

シトルリンは遊離アミノ酸のひとつでスイカなどのウリ科の植物に多く含まれています。

体内に入ると血管拡張作用があり血流を良くする効果や血流量の増加により運動パフォーマンスを向上させることが可能です。

またその他にも疲労軽減や抗酸化作用がありチンコだけでなく筋肉を鍛えるのにも効果があります。


さらにシトルリンが増加することでアルギニンが増え体内の一酸化窒素の濃度が上昇させます。
一酸化窒素はチンコを勃起させるのに必要な成分であり十分に体内に取り入れることで勃起力を高めることができます。

またアルギニンもアミノ酸の一種ですが体内に多く存在すると成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、これによって身体の細胞を活性化させることができます。

 

つまりペニス増大サプリはシトルリンを体内に取り入れることで勃起のしやすさや細胞の成長を促すことによってペニスを大きくするというものです。
チンコは筋肉と海綿体細胞から出来ていますが、血流がよくなることで海綿体細胞の容積が増えますし、また筋肉の成長を促すことが出来ます。

これらに外部から刺激、つまりチンコトレーニングを組み合わせることでチンコを力強く自然に成長させることができます。